ジュビロ磐田 15/16 ユニフォーム ホーム 半袖

ジュビロ磐田 ユニフォームを豊富に取り揃えています。アウェイモデルの衿デザインはクルーネック仕様。ボディ全体のデザインにはシンプルなボーダーを採用。胸元には年間王者を獲得した1997、1999、2002をボーダーグラフィックで表現し、ジュビロの歴史をデザインに反映。右袖のJリーグエンブレムは、2015年よりパートナー契約を結んだ「明治安田生命」のロゴ入りに変更。

ジュビロ磐田 15/16 ユニフォーム ホーム 半袖

特徴

・アウェイモデルの衿デザインはクルーネック仕様。
・ボディ全体のデザインにはシンプルなボーダーを採用。
・胸元には年間王者を獲得した1997、1999、2002をボーダーグラフィックで表現し、ジュビロの歴史をデザインに反映。
・選手着用モデルと同仕様の【オーセンティック】モデルの為、横幅の絞ったシルエットを採用しています。
・クラブエンブレムは樹脂ワッペン圧着。
・エンブレム上の優勝回数を表す星は刺繍。
・メーカーロゴは刺繍。
・右袖のJリーグエンブレムは、2015年よりパートナー契約を結んだ「明治安田生命」のロゴ入りに変更。
・左袖のスポンサーロゴはワッペン縫い付け。
・その他スポンサーロゴは昇華プリント。

スペック

素材 スクエアードライニット(ポリエステル100%)
生産国 日本
発売時期 2015年3月発売
シーズン 2015

ご購入はこちら

ジュビロ磐田16/17ホームユニフォーム半袖

ジュビロ磐田はJリーグの中でも輝かしい歴史を持つクラブの一つである。2013年、クラブ史上初のJ2降格。翌2014シーズンはJ1昇格プレーオフへ進出したものの、モンテディオ山形を相手に、GK山岸範宏のまさかの劇的弾を喫してしまう。
しかし、名波浩体制2年目で迎えた昨季はリーグの折り返し地点から2位をキープ。最後まで自動昇格圏内を守り抜き、見事3年ぶりのJ1復帰を果たした。
ジュビロ磐田2016ホームユニフォーム半袖は、クラブカラーのサックスブルーを基調に、特徴的なダイアゴナルラインのボーダーグラフィックを採用。2016モデルもPumaの伝統的な「アパレルフォームストライプ」が肩から袖にかけて入れられているほか、クルーネックを採用することによりシンプルでクリーンなデザインに仕上げている。

ジュビロ磐田 2016 ホーム ユニフォーム 半袖

ユニフォームに袖を通した新加入の選手たち。後列右から3番目には、先日の高校サッカー選手権を沸かせた桐光学園のストライカー、小川航基の姿が見える。

ジュビロ磐田 2016 ホーム ユニフォーム 半袖A
ジュビロ磐田ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

J1復帰のジュビロ磐田、ボーダー柄の2016新ユニフォーム

日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブジュビロ磐田は静岡県磐田市をホームタウンとする、2005年4月よりジャパンラグビートップリーグ所属ヤマハ発動機ジュビロとチーム愛称を共有している。

Jリーグの中で輝かしい歴史を持つクラブの一つである。その磐田の2016シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

ホーム(1st)は、クラブカラーのサックスブルーを基調に、特徴的なダイアゴナルラインのボーダーグラフィックを採用。2016モデルもPumaの伝統的な「アパレルフォームストライプ」が肩から袖にかけて入れられているほか、クルーネックを採用することによりシンプルでクリーンなデザインに仕上げている。

aaa

白のアウェイ(2nd)もホームと同じテンプレートを使用。グラデーション、そして昨季からはボーダー柄というのが磐田のユニフォームのトレンドとなっているようだ。

vvv

ただ、ホーム・アウェイともに今季からPumaのロゴには赤が使用されている。

ユニフォームスポンサーは、胸の「ヤマハ発動機」、背中の「サーラグループ」、袖の「浜松ホトニクス」、パンツの「チェンジ」がいずれも継続している。