ベガルタ仙台2016新ユニフォームアウェイ

日本の宮城県仙台市をホームタウンとするベガルタ仙台は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。
その前身は1988年創部の東北電力サッカー部で、1999年にJリーグに加盟した。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台、練習場は泉サッカー場および泉パークタウンスポーズガーデン・サッカー場である。
ベガルタは、仙台七夕にちなんで七夕「織姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ(Vega)」と「アルタイル(Altair)」を合わせた造語。マスコットは「ベガッ太」。
渡邉晋体制が3年目を迎えるベガルタ仙台。昨季は1stステージこそ7位に入ったが、2ndステージは16位。年間順位では14位という成績に終わった。
仙台は昨年、adidasと新たに契約。ベガルタ仙台ユニフォーム2015アウェイと違って、2年目を迎えるベガルタ仙台ユニフォーム2016新アウェイユニフォームは、昨季初採用した青を基調にホームと同じテンプレートを使用したデザイン。
5

 

 

 

 

 

濃淡のボーダーが特徴でアクセントとして「ベガルタゴールド」を配置している。GKユニフォームで、ホームが定番の赤、アウェイも昨季と同じグレーという組み合わせ。昨季同様すべてのユニフォームに同一のテンプレートを使用する形となった。
6

ベガルタ仙台2016新ユニフォームホーム

日本の宮城県仙台市をホームタウンとするベガルタ仙台は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブである。
その前身は1988年創部の東北電力サッカー部で、1999年にJリーグに加盟した。ホームスタジアムはユアテックスタジアム仙台、練習場は泉サッカー場および泉パークタウンスポーズガーデン・サッカー場である。
ベガルタは、仙台七夕にちなんで七夕「織姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ(Vega)」と「アルタイル(Altair)」を合わせた造語。マスコットは「ベガッ太」。
ベガルタ仙台で2015シーズンまで2年目の監督をした渡邉晋のもとで、ベガルタ仙台は1stステージで7位と躍進したものの、2ndステージでは16位と苦戦。年間順位では前季と同じ14位という結果に終わっている。
ベガルタ仙台ユニフォーム2015ホームと違って前2年目同じデザインのユニフォームを使用したが、adidasとなって2代目の2016モデルでは新デザインが登場した。
1

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコンセプトは『伝統と革新』で、伝統的な「ベガルタゴールド」を基調にしつつ、新鮮なボーダーグラフィックを採用。確固たる“伝統”と今までにない“革新”を組み合わせることによって、新生ベガルタ仙台の躍動を表現している。

2