サンフレッチェ広島16/17新ユニフォーム半袖

広島は2016年1月10日、2016シーズンの新ユニフォームを発表した。
サンフレッチェ広島ユニフォーム2016ホームは紫紺を全面に使用した大胆なカラーリングを採用。この紫紺は、王や皇帝を表すインペリアルパープルというカラーで、常に試合巧者である広島を象徴した色だ。また、ピンストライプや首もと、襟にクラブカラーのバーシティパープルを使用することにより、絶えることのないクラブのアイデンティティを表している。首もとや袖、サイド部分には、アウェイカラーにも使用しているベノムグリーンのラインをつなげ、加速するスピードを表現。

4ecfd933-6342-4c18-b735-5d9c63940abc

アウェイは、近年ベースカラーに用いている白に加え、グレーを基調としたデザイン。透明感のあるガイザーグレーと白のコンビネーションが、フレッシュでクリーンなチームのプレースタイルを象徴している。

5baaa8fc-dcd7-4ecf-a8a5-77044ba6dfecf7e2d173-ff9b-46a5-a4df-9f840f31e272

首もとや襟などにクラブカラーのバーシティパープルを使用し、アウェイの地でもクラブの誇りとともに戦う姿勢を表現。アクセントカラーには今季も、チームフラッグ、そして広島の街に欠かすことのできない鮮やかなグリーン(広島空港周辺・平和大通り・厳島神社周辺・吉田サッカー公園など)を採用している。
ユニフォームスポンサーは、胸の「エディオン」、背中の「マツダ」、袖の「イズミ」が継続。
サンフレッチェ広島ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

ヴィッセル神戸、ストライプ柄の2016新ユニフォーム

ヴィッセル神戸はここまでのところ、J1では残念ながら1st、2ndステージともに13位。年間順位も12位という結果に終わったが、ヤマザキナビスコカップでクラブ史上初のベスト4へ進出。天皇杯でも準々決勝進出しており、ネルシーニョ監督の続投も決まっている。
ヴィッセル神戸ホームユニフォームはクラブカラーであるクリムゾンレッドを基調に、伝統の黒を用いたストライプ柄を採用。黒を取り入れた完全なストライプは、実に12年ぶりで、クラブカラーがクリムゾンレッドに変更されてからは初となる。
ヴィッセル神戸ホームユニフォーム
シャツの内側には2014年から掲げられているクラブスローガン、『一致団結~One Team, One Family, One Dream』の文字。また、袖と裾部分には港町・神戸をイメージした、船・碇・波模様が施されている。
ヴィッセル神戸アウェイユニフォームは基本的にホームと同じテンプレートであるもののストライプは外し、代わりに肩のパイピングを強調。この辺りにも2015モデルとの共通性が見られる。
ヴィッセル神戸アウェイユニフォーム
ユニフォームスポンサーはひとまず胸の「楽天」、背中の「川崎重工業」が継続するようだ。
ヴィッセル神戸ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

カンバ大阪2016新ユニフォームを発表した

今季のデザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現。
カンバ大阪2016新ユニフォームホーム(1st)は、クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れている。ガンバのカラーを出しつつ、力強さも感じさせるデザインに仕上がっている。

2e995c9e-032a-43f4-ae6a-dfce883ce6ad
カンバ大阪2016新ユニフォームアウェイ(2nd)は定番の白を基調に、青と黒のピンストライプを配したデザイン。

3444db08-befb-4f29-b4fa-004bc8427f9b
こちらは新スタジアムを中心としたホームタウンである北摂地区7市(吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、摂津市、池田市、箕面市)の航空写真をイメージ。同じくグラフィックで表現している。
ユニフォームのスポンサーは、胸の「パナソニック」、背中の「ロート製薬」、袖の「大建工業」が継続。パンツは発表時点では空白のようだ。
カンバ大阪ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

名古屋グランパス2016新ユニフォームは「魂」と「誇り」を表現

日本の名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとする名古屋グランパスエイトは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は「名古屋グランパス」である。

その名古屋グランパスは新ユニフォームを発表した。

ホーム(1st)はクラブカラーである赤を基調に、チームのスピリット(魂)、プライド(誇り)を黄色とオレンジのダブルストライプで表現したデザイン。首元に入れられた印象的なストライプに合わせ、正面にもシャドーのストライプが施されている。今季も引き続き、白パンツ、赤ソックスとの組み合わせを採用。このまま定着していきそうだ。

6b2a5200-b1e7-49d4-8ac7-64a35f18615a

アウェイ(2nd)は、白を基調にボーダー柄を採用したデザイン。

85a878d6-eec1-4270-b6b7-bd327e112b2a

袖のストライプには、le coq sportifらしい赤・白・青のトリコロールを使用。アーセン・ヴェンゲル元監督などフランスとの繋がりを感じさせるスタイリッシュなデザインに仕上がっている。パンツは紺、ソックスは白となった。

J1復帰のジュビロ磐田、ボーダー柄の2016新ユニフォーム

日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブジュビロ磐田は静岡県磐田市をホームタウンとする、2005年4月よりジャパンラグビートップリーグ所属ヤマハ発動機ジュビロとチーム愛称を共有している。

Jリーグの中で輝かしい歴史を持つクラブの一つである。その磐田の2016シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

ホーム(1st)は、クラブカラーのサックスブルーを基調に、特徴的なダイアゴナルラインのボーダーグラフィックを採用。2016モデルもPumaの伝統的な「アパレルフォームストライプ」が肩から袖にかけて入れられているほか、クルーネックを採用することによりシンプルでクリーンなデザインに仕上げている。

aaa

白のアウェイ(2nd)もホームと同じテンプレートを使用。グラデーション、そして昨季からはボーダー柄というのが磐田のユニフォームのトレンドとなっているようだ。

vvv

ただ、ホーム・アウェイともに今季からPumaのロゴには赤が使用されている。

ユニフォームスポンサーは、胸の「ヤマハ発動機」、背中の「サーラグループ」、袖の「浜松ホトニクス」、パンツの「チェンジ」がいずれも継続している。

アルビレックス新潟が2016新ユニフォームを発表!

日本の新潟県新潟市および北蒲原郡聖籠町をホームタウンとするアルビレックス新潟は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

そのアルビレックス新潟が1月15日に開催された2016アルビレックス新潟激励会において、2016シーズンの新ユニフォームを発表。

『伝統』と『革新』がコンセプトのNEWモデル、ホーム(1st)は『伝統』カラーであるオレンジを全面に出し、クラブ初となる紺色を新しく採用することで『革新』性を持たせている。

44444

ただ、なんといっても目を引くのは、胸の「ハッピーターン」だろう。

新潟のユニフォームといえば、Jリーグに参入した1999年当時から胸の「亀田製菓」でお馴染み。海外で人気のある“漢字”スポンサーの代名詞ともいえる存在だった。

それが今季から、幅広い世代で大人気な亀田製菓のお菓子「ハッピーターン」のロゴに。中心選手であるレオ・シルバがハッピーターン好きを公言しており、新契約の内容に含まれているのではと疑わざるをえないタイミングでのロゴ変更となった。

アウェイ(2nd)はなんと、緑を基調にしたボーダー柄。

8a37c7c3-df29-4afc-ae83-dc6b2d63eef2

これはクラブの前身である「新潟イレブンサッカークラブ」に由来するデザインで、『伝統』を意識した復刻型のユニフォーム。そこに、現代サッカーの『革新』的なデザイン性を加えている。

ユニフォームスポンサーは前述の通り、胸の「亀田製菓」が表記を「ハッピーターン」へ変更。他は、背中の「コメリ」、袖の「JA全農にいがた」、パンツの「新潟日報」がいずれも継続している。

湘南ベルマーレが2016新ユニフォームを発表!

神奈川県厚木市、伊勢原市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、平塚市、藤沢市、中郡大磯町、二宮町および高座郡寒川町をホームタウンとしている湘南ベルマーレは湘南ベルマーレである。

その湘南が1月24日に2016シーズンの新ユニフォームを発表した。

ホーム(1st)は、意外にもクラブ史上初となるボーダー柄を採用。デザインコンセプトは『結束』で、波のように階調が変化する5本の「ウェーブボーダー」のセンターラインにはホームタウン10市町(厚木市・伊勢原市・小田原市・茅ヶ崎市・秦野市・平塚市・藤沢市・大磯町・寒川町・二宮町の7市3町)の名前を透かしで配置し、“湘南”を表現している。

また、それを囲む4本のラインは選手、スタッフ、サポーター、スポンサーを表しており、結束の意味の一つである「志を同じくする者が一つになり戦う」というイメージをデザインした。

カラーは伝統のベルマーレグリーンと青を基調にしているが、今年は特種な染料を使用することでとても鮮やかなビビッドグリーンに仕上げている。

118721fb-4de0-453a-bbc3-3f28ba714a19

白のアウェイ(2nd)は、湘南の象徴である“海”をイメージした「マリンボーダー」。太いラインはベルマーレグリーン、細いラインはユニフォームでは初めてエンブレムに使われているスカイブルーを採用し、色合いに豊かさを持たせている。

6b5bbc1d-30c5-455e-ab7a-4ac0e11eb534

青のラインにはホーム同様、ホームタウンの地名が透かしで配置されているとのこと。

そしてユニフォームスポンサーだが、胸は、本日25日に湘南の筆頭株主になったことが発表された「三栄建築設計」。

横浜Fマリノスが2016新ユニフォームを発表!

横浜F・マリノスは昨季、フランス人のエリク・モンバエルツ監督が就任。前回J1を連覇した2003、2004シーズン以来となる2ステージ制が復活したこともあり密かに注目されたが、1stステージで6位、2ndステージも5位という結果に終わった。

その横浜FMが23日、2016シーズンの新ユニフォームを発表。

ホームは、クラブのアイデンティティである伝統のトリコロールをベースに、ボディに青、襟に赤、そしてスリーストライプスに白を配置。そしてそこに、選手たちがピッチを縦横無尽に躍動する様を表現するため、特徴的なチェック柄を革新性として取り入れている。背面上部にはお馴染み、エンブレムに由来する3羽のカモメが今季も元気に羽ばたいている。

AB

アウェイは、過去使用したことのないボールドピンクというビビッドな色を基調にした大胆デザイン。ストライプを取り入れた全体的にカジュアルな仕上がりとなっており、日常でも着用できるファッション性の高さに横浜らしさが感じられる。

CD

 

 

 

 

 

 

 

 

GKユニフォームは、ホームに白、アウェイに黒、サードに黄色というラインナップ。

E

 

 

 

 

ユニフォームスポンサーは、胸の「日産自動車」と袖の「日本化成」が継続。

川崎フロンターレ2016新ユニフォームアウェイ

2016年01月18日に、川崎が2016シーズンの新体制発表会を開催し、ホーム以外の新ユニフォームをお披露目した。

川崎フロンターレ2016新ユニフォームアウェイはクラブ創設20周年を記念した復刻デザインが注目を集めているが、白のアウェイ(2nd)もそれに合わせ、1998シーズンのアウェイを模したユニフォームを採用している。

1

この年は、クラブの歴史の中でも分岐点の一つといえる「J1参入決定戦」があったシーズン。忘れることのできない“想い”を語り継いでいくために、このユニフォームを着用してクラブ20周年に臨む。

2

伝説のJ1参入決定戦1回戦。ベット監督率いる川崎はツゥット(トゥット)が勝ち越し弾を決めるも、89分に山下芳輝のゴールでまさかの同点。結局フェルナンドのVゴールにより2-3で敗れた。

川崎フロンターレ2016新ユニフォームホーム

川崎フロンターレは近年、リーグ屈指の攻撃サッカーを展開。得失点の合計がすでに100ゴールを突破している現状唯一のチームが2015年10月14日、2016シーズンの川崎フロンターレユニフォームホームを発表した。

川崎は1995年に「富士通サッカー一部」として創設され、1996年に現在の運営会社が創設。2016シーズンはクラブ創設20周年で、新ユニフォームは”原点″と言える水色と黒のストライプに回帰。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

水色と黒の間には白のラインが入り、1997年から2000年まで提携を結び現在のユニフォームの元にもなったブラジルの名門クラブ、グレミオ感たっぷりの仕上がりとなっている。