横浜Fマリノス 2015/2016 カップ戦 ユニフォーム ホーム 半袖

横浜Fマリノス ユニフォーム 2015 カップ戦 ホーム 半袖
横浜Fマリノス 2015/2016 カップ戦 ユニフォーム ホーム 半袖

商品詳細

フランス人のエリク・モンバエルツ監督が就任し、2004年以来の優勝を目指す!
ヤマザキナビスコカップ、並びに天皇杯のカップ戦で着用する横浜Fマリノス2015カップ戦用ホームユニフォーム!

【マーキング】
加工位置は背ネーム、背番号、胸番号です。加工サイズは背番号:25cm、胸番号:10cmです。胸番号は<背番号>で表示されている番号が入ります。パンツに番号をマーキングする位置は基本的にパンツ裾のところです。

【メーカーカラー】
ブラックブルー

【特徴】
・カラーには世界に拡がる「冷静さと港町・横浜の海」を表す「青」を更に凝縮し「相手を圧倒する大海」の港町・横浜の海を表現したネイビーを採用。
・肩口の3ストライプ・サイドパネルには伝統のブルーを採用。
・右袖のJリーグエンブレムは、2015年よりパートナー契約を結んだ「明治安田生命」のロゴ入りに変更。

【機能】 CLIMACOOL:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

【素材】 ポリエステル100%

ご購入はこちら

横浜Fマリノスが2016新ユニフォームを発表!

横浜F・マリノスは昨季、フランス人のエリク・モンバエルツ監督が就任。前回J1を連覇した2003、2004シーズン以来となる2ステージ制が復活したこともあり密かに注目されたが、1stステージで6位、2ndステージも5位という結果に終わった。

その横浜FMが23日、2016シーズンの新ユニフォームを発表。

ホームは、クラブのアイデンティティである伝統のトリコロールをベースに、ボディに青、襟に赤、そしてスリーストライプスに白を配置。そしてそこに、選手たちがピッチを縦横無尽に躍動する様を表現するため、特徴的なチェック柄を革新性として取り入れている。背面上部にはお馴染み、エンブレムに由来する3羽のカモメが今季も元気に羽ばたいている。

AB

アウェイは、過去使用したことのないボールドピンクというビビッドな色を基調にした大胆デザイン。ストライプを取り入れた全体的にカジュアルな仕上がりとなっており、日常でも着用できるファッション性の高さに横浜らしさが感じられる。

CD

 

 

 

 

 

 

 

 

GKユニフォームは、ホームに白、アウェイに黒、サードに黄色というラインナップ。

E

 

 

 

 

ユニフォームスポンサーは、胸の「日産自動車」と袖の「日本化成」が継続。