ガンバ大阪 2016/2017 ユニフォーム ホーム 半袖

今季のデザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現。ガンバ大阪 ユニフォーム 2016 ホームは、クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れている。

ガンバ大阪 ユニフォーム 2016 ホーム 半袖 レプリカ商品詳細

ガンバ大阪 2016/2017 ユニフォーム ホーム 半袖

【メーカーカラー】
ブルー×ブラック

【特徴】
・今季のデザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用。
・ホーム(1st)は、クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れている。
・メーカーロゴは刺繍です。
・胸のエンブレムの星の数は2015年の8個から9個へ増加。

【機能】
優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

【素材】
ポリエステル100%

ご購入はこちら

FC岐阜16/17アウェイユニフォーム半袖

FC岐阜 16/17 アウェイ ユニフォーム 半袖は定番の白ではなく、爽やかな水色を基調にしたユニフォーム。
ホームと同じテンプレートだが、こちらの方が首まわりや裾、袖口の切り替えしが映える印象だ。全体的に見てちょっとかわいい。
FC岐阜 16 アウェイ ユニフォーム 半袖
ユニフォームスポンサーは、胸の「日本特殊陶業」とパンツの「COPIN」が継続。昨季袖の「西濃運輸」が背中へ移り、袖は今のところ空白となっている。
FC岐阜ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

ジュビロ磐田16/17ホームユニフォーム半袖

ジュビロ磐田はJリーグの中でも輝かしい歴史を持つクラブの一つである。2013年、クラブ史上初のJ2降格。翌2014シーズンはJ1昇格プレーオフへ進出したものの、モンテディオ山形を相手に、GK山岸範宏のまさかの劇的弾を喫してしまう。
しかし、名波浩体制2年目で迎えた昨季はリーグの折り返し地点から2位をキープ。最後まで自動昇格圏内を守り抜き、見事3年ぶりのJ1復帰を果たした。
ジュビロ磐田2016ホームユニフォーム半袖は、クラブカラーのサックスブルーを基調に、特徴的なダイアゴナルラインのボーダーグラフィックを採用。2016モデルもPumaの伝統的な「アパレルフォームストライプ」が肩から袖にかけて入れられているほか、クルーネックを採用することによりシンプルでクリーンなデザインに仕上げている。

ジュビロ磐田 2016 ホーム ユニフォーム 半袖

ユニフォームに袖を通した新加入の選手たち。後列右から3番目には、先日の高校サッカー選手権を沸かせた桐光学園のストライカー、小川航基の姿が見える。

ジュビロ磐田 2016 ホーム ユニフォーム 半袖A
ジュビロ磐田ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

浦和レッズ16/17アウェイユニフォーム半袖

2016年1月13日に、浦和レッズが2016アウェイユニフォームを発表しました。
浦和レッズユニフォーム16/17アウェイはボタン付きのクルーネックタイプを採用したクラシカルなデザイン。
首元や袖、ユニフォームシャツとパンツのサイドを、クラブカラーである赤のラインで繋ぐことにより、アウェイの地でも躍動する浦和レッズの魂を表現している。
浦和レッズ16アウェイユニフォーム前
背面下部の裾部分にはホーム同様、クラブの誇り“We are REDS!”の文字。ちなみに、パンツが黒、ソックスは白という定番の組み合わせである。
浦和レッズ16アウェイユニフォーム背
ユニフォームスポンサーは、胸の「ポラス」、背中の「三菱自動車工業」、袖の「トーシンパートナーズ」、パンツの「DHLジャパン」がいずれも継続する。
浦和レッズユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

浦和レッズ16/17ホームユニフォーム半袖

2016年1月13日に、浦和レッズが2016ホームユニフォームを発表しました。
浦和レッズのエンブレムに使用しているストライプからインスピレーションを得て、クラブ史上初となるボーダー柄を採用。クラブの象徴である赤をベースに、胸元にはブラックを大胆に用いてインパクトと力強い印象を与えている。
浦和レッズ16ホームユニフォーム前
2色のボーダー柄は、ホームである埼玉スタジアム2002の美しい芝模様が、ファン・サポーターの強く熱い想いによって真っ赤に染まる様子を表現。
首元には、アジアチャンピオンに輝いた2007シーズンのユニフォームから、クラブエンブレムにも使用している黒と白の配色を用いている。
背面はオーソドックスな仕上がり。
浦和レッズ16ホームユニフォーム背
全体としては、伝統的な赤・白・黒のカラーコンビネーションを継承している。
浦和レッズ16ホームユニフォーム
浦和レッズユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

鹿島アントラーズ16/17アウェイユニフォーム半袖

鹿島アントラーズユニフォーム2016アウェイは白を基調に、ビクトリーゴールドとブルーサファイアをアクセントカラーとして使用。
このブルーサファイアは、創立25周年のメモリアルカラーとして、前身の住友金属工業サッカー部のユニフォームカラーに使用されていたコバルトブルーからインスピレーションを得たカラーリング。
サファイアは目標を貫徹する意思を持ち、組織やチームの礎を固め、勝利を呼ぶ石とされることから、アウェイの地でもその鮮やかなカラーによりチームを勝利に導くことをイメージしている。
鹿島アントラーズ
ユニフォームスポンサーは、胸の「LIXIL」、背中の「イエローハット」、袖の「新日鐵住金」、パンツの「アイフルホーム」がいずれも継続。
なお、「LIXIL」のロゴは今季からフォントが変更され、中央の“X”だけが少し大きい本来の企業ロゴとなっている。
鹿島アントラーズユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

愛媛FC16/17ホームユニフォーム半袖

昨年1月に不適切な会計処理が問題となり、Jリーグからけん責と制裁金の処分を科せられた愛媛FC。シーズンへの影響も心配されたが、チームは新たに就任した木山隆之監督のもと大躍進。終わってみればJ2で5位というクラブ史上最高の成績を収めた。
愛媛FCは2016新ホームユニフォームを発表した。
今季のデザインテーマは『バーチャルリアリティ』で、日本が世界に誇るアニメーションからインスピレーションを受けた幾何学模様風のアレンジが特徴。さらに日本の伝統的な矢羽柄とマッチさせることにより、斬新なグラフィックデ

FC岐阜16/17ホームユニフォーム半袖

2016年1月21日に、サプライヤーのgol.とともに制作した2016シーズンの新ユニフォームを発表した。
コンセプトは『最高の緑 green-est』
県内の約80%が森林に覆われ、日本でも有数の森林地帯である岐阜。木々たちは風雨など様々な自然条件に耐え、日光を求めただひたすら上へと着実に成長を続けている。
FC岐阜が2016新ホームユニフォームを発表
FC岐阜、今季のコンセプトを『最高の緑 green-est』とし、雄大で生命力あふれる深い緑をユニフォーム全体に採用。
FC岐阜が2016新ホームユニフォームを発表前
さらに、クラブが成長し続けてきた軌跡を年輪に見立てボーダーで表現している。
FC岐阜ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

清水エスパルス16/17新ユニフォーム半袖

2016年2月、清水エスパルス2016新ユニフォームを発表した。
清水エスパルスユニフォーム2016ホームの「世界地図」には、今季から地域名や海洋名、そして「SHIMIZU」の表記が加えられた。
HO-MU
清水エスパルスユニフォーム2016アウェイは定番の白を基調に、グレーへのブラデーションを採用。差し色として黒を入れることにより、全体的に引き締まり、勝負にこだわる強い思いと力強さを表現している。
清水エスパルス2016新ユニフォームアウェイ
清水エスパルスユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!

サンフレッチェ広島16/17新ユニフォーム半袖

広島は2016年1月10日、2016シーズンの新ユニフォームを発表した。
サンフレッチェ広島ユニフォーム2016ホームは紫紺を全面に使用した大胆なカラーリングを採用。この紫紺は、王や皇帝を表すインペリアルパープルというカラーで、常に試合巧者である広島を象徴した色だ。また、ピンストライプや首もと、襟にクラブカラーのバーシティパープルを使用することにより、絶えることのないクラブのアイデンティティを表している。首もとや袖、サイド部分には、アウェイカラーにも使用しているベノムグリーンのラインをつなげ、加速するスピードを表現。

4ecfd933-6342-4c18-b735-5d9c63940abc

アウェイは、近年ベースカラーに用いている白に加え、グレーを基調としたデザイン。透明感のあるガイザーグレーと白のコンビネーションが、フレッシュでクリーンなチームのプレースタイルを象徴している。

5baaa8fc-dcd7-4ecf-a8a5-77044ba6dfecf7e2d173-ff9b-46a5-a4df-9f840f31e272

首もとや襟などにクラブカラーのバーシティパープルを使用し、アウェイの地でもクラブの誇りとともに戦う姿勢を表現。アクセントカラーには今季も、チームフラッグ、そして広島の街に欠かすことのできない鮮やかなグリーン(広島空港周辺・平和大通り・厳島神社周辺・吉田サッカー公園など)を採用している。
ユニフォームスポンサーは、胸の「エディオン」、背中の「マツダ」、袖の「イズミ」が継続。
サンフレッチェ広島ユニフォームを購入したい方はサッカー ユニフォーム【JFA Shop】へ!